週末イベント2つ

11月30日(土曜日)午後

混声合唱団コールグリーンの定期演奏会を聴く。

20191201_153358

定期演奏会を42回も続けるベテラン合唱団。

団員は40名弱。合唱連盟加盟団体の中で最も多い・・・うらやましい。

毎回ほとんどの団員が演奏曲全部を暗譜で演奏・・・・頭が下がる。

12月1日(日)午前

湘南国際マラソンがあり、散歩がてら海岸へ出かける。

花水川にかかる橋の上を大勢のランナーが走っている。

20191201_093750

スタート5km地点少し手前にあるコンビニ。

駐車場に置かれた臨時トイレの前にはレース途中のランナーの長い列が・・・。

20191201_094922

レースは始まったばかりでこの先5時間くらい走るのだから、トイレタイムに多少時間がかかってもドンマイということか。

今回の湘南国際マラソンの参加者数は フルマラソンが20500人、10kmが4000人 だそうだ。

夫が参加した第2回大会の総参加者数は14000人だったから、規模はかなり大きくなっている。

日本のランニング熱はまだまだ熱い!

訪問コンサート2回目

今月半ば、所属する女声コーラスグループが市内にある老人ホームを訪問。我々のコーラスを聴いて頂き、楽しいひと時を過ごしたのだが、

これに続いて昨日、市内の地域福祉村「鈴の里」の「秋の文化サロン」に招かれ、合唱演奏を行った。

今回は先の女声グループではなく、いつも土曜日の夜集まって練習している大人の混声合唱グループ。

同じ指揮者が率いている子供たちのグループも一緒で、この2つが交互にステージに立った。

20191123_114848_HDR

小規模な施設なので30人も座れるかどうかの狭い部屋だったが、普段ここを利用している方々が温かい拍手と笑顔で迎えてくださって、気持ちよく歌うことができた。

帰り際に運営ボランティアの方から頂いたミニ葉ボタン。

20191124_080313_HDR

おっ、土がついてる!

責任重大。

「葉ボタンの管理」で検索しなきゃ。

wrist warmer リストウォーマー

プレゼント用にリストウォーマーを編んだ。

毛糸の手袋は難しいし、毛糸の靴下は温かいけれどすぐ穴があきそうなので、直線のリストウォーマー。

いろんな色が混ざって素敵20191113b

毛糸の準備はこれ1個だけ。配色や模様を考える必要はなく、ただひたすら編めば出来上がり。

20191113a

もうすぐ冬・・・

せっせと編む。

午後の散歩

金曜日午後、二人で湘南平へ散歩した。

旅行中ずっと私の後ろを歩いていた夫は久しぶりに私の前を歩く。

20191108_143135_HDR

怒りっぽい、忘れっぽい・・・もしや夫は認知症なのでは?・・・と、旅行中ふと感じていた不安。

しかし、前を歩く夫の足取りはしっかりしているし、会話も弾む。・・・やはり人間には得意不得意があるんだね。取り越し苦労をしていた自分を反省。

この日はいつもの最短ルートではなく、大磯側へ下りぐるっと遠回り。

お蔭で帰宅したのは日が暮れる少し前。

身体は疲れていたけれど心は軽くなった気がした。

キャッシュレス

世界のキャッシュレス化が進んでいる。

数年前の旅行では、買い物の際クレジットカードも使ったが、少額の買い物はほとんど現金で支払っていた。

ところが今回の旅行では、現金を使ったのは有料トイレ1回と路線バス1回、トラム1回の3回のみ。いずれも以前の旅行で使い残したコインを使用したので、ATMでの現金引き出しは全くしなかった。あとはすべてクレジットカードで支払った。

バルト3国では、どんな小さなお土産店でもカード支払いが可能だった。

エストニアではトラムのチケットをインターネットで買うと1€。現金だと2€。

スウェーデン・マルメでは、バスの車内では現金が使えない。ルンドの駅の有料トイレはカードでしか入れなかった。

日本に帰国したのは10月17日。すでに日本も政府によるキャッシュレス化事業がスタートしており、近くのスーパーも5%還元の旗を掲げていた。

早速、このスーパーでの買い物は毎回カード使用。お蔭でお財布はじゃらじゃら小銭が増えないので、とても軽い。

さて、先日東京へ出かける際、スイカのチャージをクレジットで決済しようと思ったら、旧式の券売機はそもそも支払い用のカードを入れるところがない。

新しい多機能型券売機はカード決済ができるものの、Viewカードのみだと言う! 唖然! 海外から来た旅行者には超不便なのではないか・・・

プリペイドカード、スマホ決済、デビッドカード、クレジットカード・・・・

そもそも日本はどうしてこんなにややこしいの?

この記事を書いている途中、玄関のチャイムがなったので出てみると取引銀行の外回りの女性。渡されたパンフレットは

20191107

文句を言っている暇があったらまず「学ぼう」

クレジットカード、デビッドカード、ICカードの使い方は何となくOK。

でも〇〇PayなどスマホでQRコードを使うのはまだやったことがない。好奇心がうずく。

当然挑戦する。

スマホの中にあるLine Payのアプリを使えるように設定。

銀行口座登録では本人確認が必要で、これに数日かかったものの無事完了。恐る恐る口座から100円だけチャージ。ボタンを押した瞬間100円が銀行口座からLine Payに移された。できた!

これでコンビニなどでスマホ決済ができる。まだ使ってないのだが、支払いにモタモタしそうなので、お店の暇そうな時間を狙って使ってみようと思う。

海外に比べ複雑すぎる日本のキャッシュレス化だが、早かれ遅かれ普及するだろう。

「現金は使えません」「おつりはありません」と言われる日は必ず来る。

乗り遅れるな!

トレーニング記録

雨の日以外毎日トレーニングをすると決意したのは先週金曜日

1週間の記録は次の通り。

6月22日土曜日:雨で休み

6月23日日曜日:トレーニング初日 アジサイは誰かが植えたもので、自然の景色とは言い難いが、まっいいか。きれいだから。

20190623_095313

6月24日月曜日:雨でお休み

6月25日火曜日:曇り 6時52分頂上到着

20190625

6月26日水曜日:7時40分帰宅 スマホ忘れたため帰宅後脱いだ靴の写真しか・・・

20190626_073900

6月27日木曜日:トレーニング4日目 7時到着 曇り空

20190627_065856_HDR

6月28日金曜日:天気予報は雨だったのに目が覚めたら晴れてる。しかし身体は起きたがらなかったためお休み

6月29日土曜日:今にも降りそうな空模様だが、トレーニング決行。頂上到着は7時04分。

20190629_070341_HDR

6月30日・・・生憎朝から雨でトレーニングはお休み。

ほぼ連続して5日間上り下りを繰り返したそのトレーニングの効果は?

全く体重が減らない。がっくり・・・あんなに汗かいてるのに・・

でも、筋肉痛が全くないのは連日トレーニングのお蔭だろう。

来週はコンサート1週間前で準備に忙しく、果たして何回登れるか・・・

多忙??

今朝、姉から「最近ブログ更新してないけど、元気?」と電話があった。

もちろん元気! そして忙しい。

いや忙しいのは事実だけど、物事の一つ一つに以前より時間がかかるようになったのかもしれない。一日があっという間に過ぎ、ブログ更新が追い付かない。

少しさかのぼって6月7日。

夫が大学の同期生という関係で繋がった仲良し妻の会(4名 通称:淑女の会)のランチ会。

前回は鎌倉だったので、今回は東京の汐留。

まずカレッタ汐留というビルの最上階へ。

20190607_113333

中央にぽっかり空いている空間は元築地市場があった場所。

雨の中すぐそばにある浜離宮を散策。

20190607_120558_HDR

もとは将軍家の鷹狩りの場所だったというこの庭園。なかなか素敵。

20190607_120610_HDR

大きい鷺を見つけた。これはアオサギ?

20190607_123932

散策の後は楽しいランチ&おしゃべり。

晴れてる日にもう一度来てみたい。入場料は大人300円 65歳以上はなんと150円!

さてこのお出かけの約1週間後の昨日、畑のじゃがいもを収穫した。

20190613_090642

ご近所さん2軒におすそ分けし、夕べはイカと一緒に煮つけ。

ほくほくじゃがいも・・・・美味しい!!

 

コンビニの閉店

ハイキングの日の朝、予定では伊勢原行きのバスが止まるバス停の前のコンビニでお弁当を買う予定だった。

ところが

20190504a

お店は空っぽ。

突然の閉店!

このお店のすぐそばには総合公園・総合病院・県立高校があり、とても繁盛していたのに・・・なぜ??

貼り紙も何もないので閉店の確かな理由はわからないのだが、もしかしてここも人手不足で24時間営業継続が困難になったのか?

何だか、便利なコンビニに甘えていたようで、心が痛む。

「便利」「安い」の裏側には、過酷な条件で働く人たちが大勢いることを肝に銘じたい。

繋がり

昨年秋、平塚市合唱連盟では特別事業として「こども合唱教室」を立ち上げた。これはこどもの合唱人口が減っている事への危機感から生まれた事業で、小さなステップではあるけれど我々大人の期待は大きい。

合唱連盟の加盟団体や学校・図書館・公民館などにチラシを配布した結果、10人余りの子供たちが集まってくれた。

練習は月2回土曜日の午後の2時間。熱心な指導者(私の所属する団の指導者でもあるK先生)のお蔭で、スタートしてわずか半年しか経っていなかったけれど、3月の合唱祭では立派に演奏を披露することができた。

ところで、この合唱教室に入ってくれたこどもたちの中にkanoちゃんという女の子(高校生)がいる。全盲だが、ものすごく音感がよく、もちろん声もいい。性格が明るくてハキハキしていて、リーダー的資質も持った可能性いっぱいの女の子だ。

そのKanoちゃんのママのお父さん、つまりKanoちゃんのおじいちゃんが、何と、私の出身高校の合唱部OBであることがつい2日前に判明した。

私の出身高校は歴史と伝統のある学校ではあるが、富山県のローカル線沿線の小さな町の高校だ。遠く離れたこの平塚市で、故郷の町の出身者と出会うことなど今までなかったし、ましてや同じ高校、同じ合唱部の人とばったり会うなんてことはほぼあり得ない。

判明のきっかけはFacebookだ。私、Kanoちゃんママ、K先生が夫々自分のページを持っていたからだ。私の投稿は決して頻繁とは言えないのだが、出身地を書いていたこと、また、合唱部OB会のコンサート情報などをアップしていたことで繋がったともいえる。

Facebookに感謝!

残念ながらKanoちゃんのおじいちゃんは3年前に亡くなられたという。もし生きていらっしゃったら・・・・Kanoちゃんが合唱をやってることをお知りになったら・・・赤とんぼOB会で歌っている私と繋がったことをお知りになったら・・・どんなに喜ばれたか・・・・

たまたま明日は赤とんぼの会東京地区の練習会。約60年前、高校の合唱部でKanoちゃんのおじいちゃんと一緒に歌った先輩たちも何人かいらっしゃるはず。今回の繋がりをどう説明しようか・・・このストーリーを何度も何度も頭の中で繰り返している。

そして、思う。

私は今、生きて人とかかわっている・・・そのことが、何十年後かの誰かと誰かを繋げているのだと。 繋がりは決して今の自分だけのものではないということを。

(そう言えば、私と夫の繋がりも、夫の母親と私の母親が同級生で、我々が結婚適齢期を迎えた時母親二人がたまたま出席した同級会で生まれたものなのだ。)

ハッピーな一日

4月4日

午前9時半:昨年「星空のレジェンド公演」に協賛していただいた「株式会社ハウスポート」さんへ、理事仲間のKさんと一緒に今年のお願いをしに行った。この公演の運営、協賛金なしではかなりきつい。今年も頑張って協賛金を集めなければならないのだが、たとえ一口2000円でも、お金を頂くというのはそう簡単ではない。  そんな中、ハウスポート様は25口を現金で下さった。ああ、何とありがたいことか。 Kさんと二人感激して帰って来た。

午後:市役所前にある築100年の洋館(公共施設)へ、我がコーラスグループの団体登録をしに出かけた。外は天気がいい、桜はきっと満開・・・と夫も誘って、自転車ではなく歩いて。 洋館の受付で登録の手続きをしていると、中の事務所に知った顔が・・・・国際交流協会で活発に活動していた頃(20年以上前)の職員のHさんだ! 「まあ、こちらでお会いできるとは・・・・」とお互い昔の繋がりを懐かしく思いながら「これからもよろしくお願いします」とご挨拶。街で知った人と出会うと嬉しい気分になる。

洋館を出た後、お花見をするため飲料・食料を買いに、近くのスーパーへ向かって歩いていると、向こうからNさんが歩いてくる。Nさんは違うコーラスグループに入っている女性。合唱連盟のイベントや打ち合わせ会でよくお会いする。「あら、どこへ?」「洋館でちょっと歌を・・・」「まあ、あちこちで歌ってるのね」「あなたもいかがですか?」なんて言葉を交わし「それではまた」と別れる。 あら、また、知ってる人と会った。今日はいい日だな~。

ビールとつまみを持って、夫と一緒にさらに公園まで歩く。

春休み最後の日とあって、公園の駐車場は満杯。公園内もかなり賑やか。

20190404_135556_HDR

座る場所を求めてプラプラ歩いていると「あら、TERAIさん!」夕べレジェンドの練習で一緒だったKさんとばったり出会った。昨年3月まで連盟の役員仲間だったKさんは、聡明で気持ちのやさしい素敵な女性。彼女はご主人・娘さん・お孫ちゃん二人と一緒だった。またまた知った人と会って、超うれしい!

超簡単な二人だけの宴

20190404_141602.jpg

薄いレースの布がふんわりかけられているようだ

20190404_142239_HDR

今日は思いがけないところで思いがけない人とばったり出会うこと3回・・・・H市に引っ越し子育てを開始した頃、私の存在を知っている人はほんのわずかだった。子供が幼稚園に入ってママ友ができ、街中でばったりそのママ友と会った時のうれしさは今でもはっきり覚えている。小さな町で、あるいは生まれ育った町での出来事だったら、絶対感じない特別なうれしさだ。住み始めてもう40年も経ち、もう「よそ者」感覚はないはずなのに、あの時の「自分を知っている人がいてくれる」安心・うれしさ感覚がいまだにしっかりあるのは不思議だ。

陽も傾いてきたし、そろそろ帰ろう・・・と公園を出たところで、後ろから男性の声で名前を呼ばれた。声の主は夫の囲碁仲間だった。夫も地域にしっかり根付いているんだな・・・うれしさポイントまた追加。

この日は人との繋がりを実感したハッピーな一日だったのだが、夕方さらに大きなおまけがついてきた。このおまけストーリーは長くなるのでまた明日。