映画「インフェルノ」

20161030

我々には珍しく公開されるのを待ちに待っていた映画「インフェルノ」

封切3日目の昨日夫と共に観てきた。

2年前ダンブラウンの小説を英語で読み、その年の旅行はイタリアのフィレンツェ・ベニスと決め、物語の舞台となった場所をそれぞれ訪ね歩き、大いに楽しんだ。

本を読み、その舞台を訪ねて自分なりに思い描いたイメージがある。

さてそのイメージと映画の映像はちゃんと一致するだろうか・・・?

物語の終わり方が原作と違ってはいたが、はほぼ原作に忠実に作られていた。

場面の移動が多いので、もう少しゆっくり見たい、というのが本音だがほぼ我々のイメージ通り。

本で楽しみ、旅行でなぞり、さらに映画で確認。

詳細を忘れていた部分もあったので

もう一度読もうか・・・・4度目の「インフェルノ」

広告

ロングセラー

洗礼を受ける女の子には「きもの」を贈ることにしたけれど

3歳になったばかりの男の子には何がいいだろう・・・・

彼の好物の「じゃがりこ」はすでに数個買ってあるのだが、お菓子だけじゃ軽すぎるし・・・う~ん、悩む!

トイザらスでウロウロ、本屋でウロウロしてみたが、それでも決められず、結局、娘に聞いた。

「何でもいいよ」と言いつつ、娘は一応名前をあげてリクエストしてくれた。

それは

ノンタンの絵本2冊

すでに数冊持っていて、ノンタンは孫のお気に入りのキャラクターの一つだ。

それにしても懐かしい。

右の「ぶらんこのせて」がノンタンシリーズ最初の本で、出版されたのは1976年。

息子が生まれる1年前だ。

息子が読み聞かせを喜ぶ時期には、ノンタンシリーズも少しずつ増え、新しい本が出ると必ず買っていたことを思い出す。

毎日繰り返し読んだせいか、あのリズムのある言葉が、今でもスラスラと口に出てくる。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、まだ ぼく、ちょっぴりしかのってないんだもん。

ノンタン、ノンタン、ブランコのせて。

だめだめ、これから、たちのりするんだもん。

・・・・・

高い声や低い声、かわいい声や意地悪な声・・・と、工夫しながら読んだっけ。

息子と娘がキャッキャッと笑いながら聞いていた光景が懐かしく思い出される。

今度は娘と孫、そして私と孫・・・同じような光景、作れるかしら?

目指すはフィレンツェ

1日4ページと決めて読み始めた「インフェルノ」

さすがダンブラウン、読み手をどんどん引き込んでくれる。

おかげで1日4ページと自分に課したノルマは軽く達成。

460ページのうち、もうここまで来た。

寝る前の読書タイムはいつの間にか午後から夕方にかけての時間帯に移り、

おかげで夕食はコンロにかけたまま放っておける煮物系と焼き魚が多くなったような・・・・

 

ところで、ストーリの舞台フィレンツェの地理状況を詳細に知るため買ってきた「地球の歩き方」がとても役に立っている。

フィレンツェの駅サンタマリア・ノッヴェラ駅

有名なヴェッキオ橋

ボーボリ庭園・ドゥオーモ・洗礼堂

小説に出てくるこれらのスポットはすべて頭の中の地図にインプットされ、いつの間にか、まだ1度も行ったことのないフィレンツェの仮想旅行を楽しんでいる。

実現するのは5月の予定。

孫に会った後、目指すは

フィレンツェ!

シニアバックパック旅行イタリア版・・・ふふふ、楽しみ。

目標があれば・・・

糸紡ぎしてると、えっ? もうお昼?

泳いで、買い物して、あら、もう夕方。

夕飯後、ちょっとテレビを見ただけで、もう寝る時間。

こんな調子だから、新しいことを追加する余裕なんてないのに・・・・

つい、夫の勧めにのっちゃった。

数日前から

読み始めた。

英文 ハードカバー 460ページ

夫は1か月で読んだから、私はたぶん半年?

舞台はイタリア・フィレンツェ。

夫は図書館で借りてきた「地球の歩き方-フィレンツェ版」を参考にしながら読んでいた。

そこではたと閃いた。

よし、次なる旅行地はフィレンツェにしよう。

先日生まれた二人目の孫に会いに行くのは5月。

その際、スウェーデンからイタリアに足を延ばす案・・・いいねえ。

30日×5か月=150日。

よし、一日4ページ読もう。

旅行という目標があれば、頑張れそう。

相対性理論

言葉は知っていても、その内容となると全く知らない「アインシュタインの相対性理論」

・・・突然、知りたくなった。

きっかけはこの本。

20121231b

ミステリー小説だが、背景人物としてアインシュタインが出てくるため、度々「相対性理論」の説明が入る。

一つ一つの英単語を辞書で引くのだが、そもそも「相対性理論とは何か」を知らないので、

単語の意味をつないでも、何のことやらさっぱりわからない。

そこで、大雑把な理解でもいいからと、この本↓を買った。

20130120a

”難解な理論を100分で”と言う、まことに私の現在の要求にぴったりの本。

これで、スイスイかと思いきや、やっぱり「相対性理論」は難しい。

解りやすい実験例をあげてできるだけ簡単に説明されているのだが、わかったような、わかってないような・・・・

もっとわかりやすく説明してくれないかなあ・・・

そうそう、こんな時役に立ちそうなのが夫。

「ねえ、量子ってな~に?」

夫は待ってましたとばかりに喜んで説明してくれる。

でも、わかんな~い。

すると

「この間本を整理した時捨てようと思ったけど、あなたのために残しておいたよ。これ読みなさい。」

20130120b

ひぇ~!  私はこれ以上趣味を増やしたくないのっ!

お互いの趣味を理解しあうのはいいけれど、

「私が”相対性理論”を理解するのと、あなたが手織りの世界を理解するのとでは、そのハードルの高さが全く違うからね」と、何度も念を押す。

 

それでも、毎晩「相対性理論」のテキストを読む私を見て喜ぶ夫。

夫はさらに本を買ってきた。

20130120c「また勉強したくなった」だって。

接点が無なさそうで有りそうな夫と私。