ステージ衣装

コーラスのステージ衣装と言えば、定番は白ブラウスと黒のスカートだが、もちろんカラフルなブラウスやロングドレスなどもお揃いでよく着られる。

さて、7月8日公演の合唱物語「星空のレジェンド」の衣装は?

昨年までは定番の白黒だったのだが、今回は衣装担当さんが色々考えてくださって、今までとは違ったスタイルになる予定。

合唱団員は全員が「村の人」と設定。だからと言って野良着・作業着などを着るわけではなく、決まっているのは着るものを白またはベージュで統一することだけだ。

う~ん・・・私は何を着ようか・・・自由に選ぶというのはかえって難しい。

私の村人のイメージで言うと麻や木綿の自然素材がいいのだが・・・

手持ちにイメージ通りのものがない。

ならば自分で作ろう、と無漂白の綿麻布を買ってきた。

丈は少し長めのチュニック(NHKすてきにハンドメイドの洋裁本についていた型紙使用)にした。

手持ちのパンツとあわせて20180604b

布を買ったついでに紫色のチュールも50cm買ったのだが、首元をちょっとおしゃれにするのはいかが?

今度の練習で衣装担当のKさんにチェックしてもらおう。

広告

合唱物語「星空のレジェンド」第4回公演

昨日のタイトルワード「伝説」繋がりで・・・・

「伝説」と言えばレジェンド

レジェンドと言えば「星空のレジェンド」

これは七夕伝説をもとにした合唱物語。今年が4回目の公演だ。

全13曲のうち混声及び女声合唱は9曲。どれも歌いごたえのある曲ばかりで、毎週水曜夜の2時間半の練習はあっという間に過ぎる。

初参加だった前回は、暗譜どころか正確な音程で歌うのがやっとだった。もちろん本番では楽譜を見ながら歌った。でもこれではやはり満足のいく演奏はできない。

今回は出来れば暗譜したい・・・・そう思いつつすでに4か月も過ぎ、未だ暗譜ができていない状態。

本番までわずか2か月。

いやまだ2か月もあると思えば、なんとかなるかも。 うん、よし、頑張ろう!

チラシ、ポスター、チケットも準備でき、只今宣伝活動中。20180509b

七夕見物がてら来てくださ~い。

春を告げるお祭り

私にとって「春を告げる・・・」と言えば、市民合唱祭。

20180226

例年、3月の第1日曜日が本番の日で、市内の合唱団が日頃の練習の成果を発表し、講師の先生方から各団毎に講評を頂くという行事だ。今年の出演団体数は、35団体。一団体7分の持ち時間で歌う。

歌われるのは、子供の歌、懐かしの曲、クラッシック、ゴスペル、ポップス・・・・と、まさにコーラスのお祭りなのだ。

本番まであと1週間。

自分の所属グループ(3団体)の曲の仕上げも気になるところだが、連盟役員としては、裏方の準備状況も気になる。

運営に携わる全員がいくつかの歯車になり、それらがうまく噛み合って動く一大イベント。

滞りなく・・・を目指して、あとひと頑張り。

2度目の老人ホーム訪問コンサート

わが女声合唱団、今年の秋は大忙し。

10月初めの県立堂お母さんコーラス大会に出場した後、10月中旬には保育園訪問コンサートを行い、昨日11月28日は老人ホーム訪問コンサートを行った。

訪問したのは昨年に引き続いて依頼された「つちやホーム」。

合唱団自体かなり高齢化してきていて、一見老人が老人を訪問するような格好なのだが、団員が衣装を着て一段高いステージに立つと、その姿は堂々としていて、歌声も若い。

演奏時間は45分。おしゃべりを入れると全体で1時間弱。決して長くはないのだが、おしゃべり担当の私はいつものように1か月ほど前から緊張していて、進行表が頭から離れない状態が続いていた。

なのに本番に入るとそんなドキドキもどこかへ吹っ飛び、笑顔笑顔になる。不思議!

今年は聴いててくださるお年寄りの顔を観察する余裕も少しあり、皆さんの表情が昨年より随分柔らかくなっていること、一緒に歌ってくださる人も増えていることにほッとする。

20171129c

追随

月曜日、utaさんのピアノのヌード写真がアップされた。

20171016112136 utapiano

うちのピアノはutaさんのピアノと同じ型なのだが、たまたま翌火曜日はうちのピアノの調律日。同じようにヌード写真を撮った。

20171017

火曜日のutaさんのブログは、彼女の知人の本の紹介していた。

早速私もamazonに注文し、先ほど届け先のファミマへ取りに行ってきた。

20171019

中学英語と度胸だけ・・・同じだ。

ワクワク