アロマート

Kさんから私のメッセンジャーに届いたメッセージ

「スイスでは一家にひとつあるらしいシーズニングソルト「クノールのアロマット」。すごく美味しいらしいのですが、日本に取り寄せが難しく、スイスに売っているらしいので、買って来ていただけますか?」というものだった。

メッセージを読んですぐに心当たりが。

ヴェンゲンのホテルで朝食の際、ゆで卵を自分でゆでるのだが、そのテーブルにクノールのあの赤・緑・黄色のパッケージが4~5個置いてあった。ゆで卵に振りかけるのだと思って試したら、コンソメ味の塩で確かに美味しかった。もしかしてそれのこと?

彼女からは写真も送られてきた。私もネットでクノールについて調べてみた。

クノールは味の素の会社の商品だとばかり思っていたのだが、開発者はドイツ人で、工場はスイス。アロマート(このサイトではアロマットではなくアロマートと呼んでいる)はスイス人の故郷の味。旅行の際も必ず持っていくのだとか・・・。

早速スーパーで探したら・・・あったあった。これだ!

img_20170808_005551.jpg

後日知ったのだが、Kさんのお母さんは韓国バラエティ番組のファン。「花より青春 アフリカ篇」(若手の俳優さん4人が自力でアフリカを旅する番組)の中で、アフリカのスーパーで買った調味料が旅の自炊で大活躍。彼らは「魔法の粉」と呼んでいたそうな。

image001

Kさん、番組の画像をしっかりとらえ、それがアロマートと知り、ネットで調べた。image002

その結果、スイスで売っていることがわかり・・・そういえば理事仲間がスイスを旅行中であることに気が付きメッセージを送ったというわけだ。(私はFacebookにも時々スイスの写真をアップし、彼女からコメントももらってたからね。)

世界はネットでつながっていることを実感。

ちなみにアロマートはスウェーデンでも売っているかどうかを娘に聞いたら、ちゃんと売っていた。

Kさん、もっと欲しかったら、スウェーデンから直送できるよ。

広告

もう年末

12月24日 10月にオープンしたショッピングモールでの”ららぽーと・クリスマスコンサート”(合唱連盟主催)も無事終了。

KC4B0011

このイベントで表舞台に立つことはなく、連盟役員として完全裏方。それでも「お祭り」好きな私としては、お神輿を担ぐような気分で十分楽しむことができた。

役員は大変・・・と思われるし、よく周りからも言われるけれど、これは考え方次第。

「何でも見てやろう」精神で「何でも楽しむべし」

★ ★ ★

さて、気が付いたら、もう年末。

気楽な夫は、早朝「大山」登山に出かけた。

まあ、いいさ。

我が家では年末だからといって特別に夫にやってもらわねばならないことはないのだから。

私は、静かに糸を紡ぎながら、「餅つき機」のもち米が蒸せるのを待つ。

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%92%ef%bc%98%e3%81%82

ブッブーとブザーがなって、回転が始まり、15分で出来上がり・・・・簡単!

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%92%ef%bc%98%ef%bd%82

今度のお正月は久しぶりに息子夫婦と一緒。

お正月準備もちょっとだけ気合いが入る。

夏みかん2016

今年の夏みかん

20160303

かなり数が少ない!

昨年↓がこれだけあるから、昨年の約半分か・・・。

P1090946

年々減ってきているのだが、理由はわからない。

でも、20個あれば我が家には十分過ぎる。

いつものように、岩手の「uta」さんに宅急便で送った。

今はまだ雪景色の岩手

湘南の春の香りがもうすぐ届くよ。

いりごく

「いりごく」とは

大根の漬物「たくあん」を塩出しして、お醤油で炒り煮にしたもの。唐辛子がピリッときいていてご飯によく合う一品、私のふるさと南砺地方の郷土料理だ。

昨年暮れに漬け込んだ沢庵がまだ樽に数本残っている。このままだと暖かくなるにつれてまずくなりそう。何とか早く片づけなきゃ・・・というわけで、ネットで調べたレシピを参考に「いりごく」を作ってみた。

20160201

ああ、この味、この味

子どものころさほど頻繁に食べたわけでもないのに妙に懐かしい。

母の味だから・・・

と言いたいところだが、実は、母は「いりごく」をいつも「お隣さん」から買っていた。

実家の「お隣さん」は八百屋さんで、自家製の漬物やちょっとしたお惣菜も売っていて、野菜に限らずそれらのお惣菜を母はよく買っていた。

あまり見栄えのしない、それでも私にとっては懐かしいお隣さんの味「いりごく」を食べながら、八百屋・魚屋・肉屋(私の実家)が並んで賑やかに商売をしていた時代を思い出している。

初めての餅つき

お正月のお餅・・・毎年年末大掛かりに餅つきをされる友人に、ついでに我が家の分もとお願いしていたのだが、数年前からストップ。

二人だけなので多くは要らず、市販の切り餅で済ませていたのだが、今年のお正月に食べたお餅のまずさに、決心。次のお正月用にと自動餅つき機を買ったのは今年の1月。

その餅つき機の出番がついにやってきた。

前の晩から水につけておいたもち米をセット

もち米はもちろん夫の実家から送られたもの

20151228a

蒸し30分、こね15分

20151228b

のしもちが出来上がった。

何と簡単な・・・

もっと早く買えばよかった。

今度娘や息子たちが帰って来た時、美味しいお餅を御馳走してやろう。