北岳登山 Part 1

まずは、昨夜7時無事に帰宅したことをご報告。

今朝から筋肉痛で悲鳴をあげながら登山の後片付けをしているのだが、身体の痛みとは裏腹に、心の中は達成感で満たされている。

「きつかったね、でも楽しかったね」・・・夫と共有する感想だ。

さて、振り返ろう。

1日目 7月24日(火曜日)

午前 私はコーラスの練習は休まず出席。夫はというと、この日週一の出勤日だったのだが早々に休みを届けていた。

午後 2時過ぎ家を出発。  電車で移動(平塚⇒茅ヶ崎⇒八王子⇒甲府)

甲府に着いたのは夕方だった。 やはりㇺっとする暑さだ。

20180724a信玄公にご挨拶して居酒屋にて夕飯。

20180724b 20180724c20180724d 20180724e

甲府での宿泊はBooking Comで予約したゲストハウス。1泊二人でなんと¥7400

部屋はそれなりだが、これから山小屋宿泊の我々には十分だ。

20180724f 20180724g

2日目 7月25日(水曜日)朝7時。甲府駅前バス乗り場①から広河原までのバスに乗る。所要時間約2時間。バスに乗った人は10~15人ほどだったと思う。夏休みに入ってたとは言え、やはり平日なので、無茶苦茶混むということはなさそうなのでほっとする。

20180725a

9:00 広河原到着。さあ、いよいよ登山開始。正面の奥に見えるのが北岳。

20180725b

バスを降りて10mほど歩いただけで、いきなりつり橋が現れた。ギョッ!

20180725c

フワフワ揺れていや~な気分だった。

この日の目的地は広河原から北岳までの丁度中間地点にある白根御池小屋。

コースは広河原⇒大樺沢二俣⇒白根御池小屋

20180725d

7月初めの豪雨でこの大樺沢ルートは通行不能になっていたのだが、22日に再開。(肩の小屋のブログによると、山梨県の山岳会のボランティアの方々のおかげで復旧したとか・・・ありがたいことだ)

Inked20180725e_LI

とは言え、つり橋の次に現れた丸太2本だけの橋。まるで、これを渡らなければ先へ進む資格はないよ、とテストされているよう。

20180725f.jpg 20180725g.jpg 20180725h.jpg

夫が面白がってカメラに記録してくれたが、あの恐る恐る足を移動する様子は残念ながらこれではわからないよ。

こんな頑丈な橋も架かっていた。

20180725i

歩きなれてくると、周囲を見る余裕もできてくる。(花の名前は後で調べたものだが、合っているかどうか全く自信がない)

20180725jキオン20180725kミヤマシシウド20180725l.jpgミヤマハナシノブ20180725m.jpgシモツケ20180725o(?)

夫の計画通り、2時ごろ小屋に到着した。小屋は標高2200mのところにあるが、とても小屋とは言えない立派さ。山の中腹なので水も豊富だし、建物も新しく清潔で、超快適!

20180725p

夕食までの時間を外のベンチで過ごす。

今回持参したウィスキーは「竹鶴」で、父の日のプレゼントに息子夫婦がくれたものだ。これを味わいながら、他のお客さんたちとの山談議を楽しむ。

夕食は午後5時。

20180725q

夕食後外に出てみた。小屋の後ろに見える「北岳」

20180725r

明日はここに登るのだ。

消灯は8時。だが、疲れとウィスキーの酔いで7時ごろにはもうお布団の中だった。

広告

風を感じる

連日「暑い、暑い」の大合唱が続いている

2階にある私の部屋も、朝からこの温度

20180722a

思わずクーラーのリモコンに手を伸ばしそうになる。

が、いやいや、まだまだ。

汗がタラタラ流れ出す。

さあ、機織り開始。

ロールカーテンがかすか揺れる。

風が汗ばんだ肌に当たりス~

20180722b20180722c20180722d

ほ~、涼しい!

次のサミット

「ばんざ~い!」

星空のレジェンドの公演が終わった。

お客様の数は予想以上に多かった。

アンケートの感想も良好。

私自身も9曲暗譜し、完全とは言えなかったけれど、大きなミスなく歌い終えた。

準備は一年前からスタート。コツコツと積み上げていくところは山登りにも似ている。

公演の本番ステージはまさに「山の頂上」だ・・・・感動もの。

さて下山しなければ。

だが、すんなりとは下りられない。

公演前日の準備より、終了した翌日からの方がむしろエネルギーが必要。

チケットの代金回収や一年間の会計の集計、アンケートの整理etc・・・書類を広げ、私の部屋はまたまた足の踏み場がなくなる。

そんな中、待ってましたとばかりに夫が紙きれを差し出した。

「これ、見ておいて」

20180710

「うん、わかってるわかってる」だって約束したことだからね。

しかし、今の山を下りてもいないのに次の山を登る準備かあ。

20180710b

計画は、すべて普通の人の1.5倍の時間をかけ、2泊で行けるところを4泊で。

あら、もう旗が立ってるよ。

夫のウキウキが伝わってくる。

あと2日

いよいよ今日から七夕まつり。

生憎天気は雨。

幸い最終日8日・コンサートの日は晴れマーク!

良かった。コンサートへ来られるお客様の足をぬらさずに済む。

コンサートまではあと2日。

神経を準備に集中したいため、家事は二の次。

心の中で「終わったらちゃんとやるから」とつぶやいている。

コンサートでは準備スタッフの仕事だけではなく、昨年に引き続き合唱メンバーとしてもステージに立つ。満足のいく、納得のいく演奏をしたい。

声そのものは日頃の鍛錬の結果なので、今さらどうこうしようがないのだが、歌詞を覚える・所々の細かい表現の指示などの再確認はぎりぎりまでできる。20180706

あと2日・・・時間を有効に使わなきゃ。

手強そう

近年、娘一家に会いにスウェーデンへ行く時は必ず他にもう一か国を観光している。

2013年はイギリス、2014年はイタリア、そして昨年はスイス。

場所はその都度こじつけのようなテーマを作って選んできたのだが、

さて、来年はどこへ行こうか・・・

ドイツでビール?  それとも  フランスでワイン?  などと言いながら、思いを巡らす。でも今一つピンと来ない。

そういえば、イタリア旅行の理由となった「インフエルノ」の作家ダンブラウンはその後新しい作品書いてないかしら・・・?

ありました。

タイトルは「Origin」

20180623

舞台はスペイン。

決まり! 来年の旅行先はスペインだ。

まずは「Origin」を読まねば、とAmazonで注文。夫が先に読み、その後私が読む予定。

夫が読み始めてもう1か月。辞書を引き、ネットで調べながらなのでいつになく時間がかかっている。かなり手強そう。

早く読み終わってくれないと、夫の何倍も時間がかかる私が困るのだ~。