エプロン

エプロンをしなくなって久しい。

若い頃は、家事をするときにエプロンをつけるのは当たり前だった。 少々やる気がないときでも、エプロンをつけると、気合いが入りシャキッとした。 エプロン姿=働きもののやさしいお母さんというイメージに後押しされていたのかな?

いつのころからか、エプロンをしなくなった。多分子供が巣立った頃からかもしれない。気合を入れて家事をしなくなった、というか、する必要がなくなったら自然とエプロンもしなくなった。

でも、時々エプロン姿の素敵な人を見かけると、エプロンもいいなと思う。

スウェーデンの娘の家。娘も婿殿も、しっかり気合いを入れてお料理するときは、エプロンを付けていた。いいなあ・・・

影響されて、買ってしまった。

20170913

エプロンの力を久々に試すかな?

広告

2か月ほど前、友人に「今度はあなたが機織りしているところを見たいわ」と言われ、「いいよ~」と軽く約束していたのだが、その友人から先日電話があり、10月初めに会うことになった。

さて、困った。機には糸がかかっていない。なんと今年2月から織っていないのだ!

反省しつつ、友人から再開のチャンスを頂いたと思い、季節はもう秋に向かっているけれど、麻糸をかけた。

20170911

ああ、落ち着くな~。

この秋は織りの優先順位を少し上げようと思う。

羊マグカップ

2013年イギリスを旅行した時、湖水地方の宿泊地ウィンダミアで見つけた羊のマグカップ。欲しかったけれどマグカップの値段としては少々高かったので買わなかった。

20170907

先日、その羊マグカップに偶然出会った。場所は湘南T-SITEという小さなモール。デザインは少し違っていたけれど同じブランド”herdy”

20170909a20170909b20170909c

当然現地で買うよりさらに値段は高かったが、思い切って購入。

これを刺激に、ずっとサボっていた羊仕事を再開しようと思う。

お世話になりました

いろんなところへ連れて行ってもらった。

ランズクルーナと言う町にあるシータデッレット城

IMG_20170731_120435149

散歩にも付き合ってもらった

P1120734

時には遊んでもらい

IMG_20170729_125301202

毎日美味しいお料理を頂き、

P1120756

桃ちゃんのお墓へも行ってきた

P1120791

もう、言うことなし。みんな、ありがとね。

あと少し

スウェーデンでは小学校は7歳からスタートするのだが、その前の1年間はゼロ年生として準備教育を受ける。6歳の孫は今年夏からゼロ年生。8月16日はその入学式(と言ってもかなりカジュアルな感じ)だった。新しいスクールバックを背負って「行ってきま~す」

P1120789_LI

約1年半前、私が作ったジャケットを試着してくれたが、ブカブカ。

IMG_8000

あの時から見ると大きくなったね。

P1120778

ぴったりフィットまで、あと少し。